アレルギー性結膜炎
ここでは目の痛みの原因となる病気、アレルギー性結膜炎について詳しく説明していきます。

アレルギー性結膜炎とは、特定のアレルゲンに触れることでアレルギー反応を起こし、その結果結膜に炎症を起こしてしまう病気です。代表的なものが花粉に対するアレルギー反応で起こる花粉症です。人によってアレルゲンは異なり、ホコリやダニ、ペットの毛や金属など様々なものに対するアレルギーが挙げられますが、結膜炎の場合は花粉やホコリなど空気中に飛沫しているものが原因となることが大半です。また同じ花粉症でもスギ花粉に対してだけの場合もあれば、ヒノキなど他の花粉だけの場合、複数の花粉がアレルゲンとなる人も居ます。


sponsored link



【アレルギー性結膜炎の原因】

人によってアレルギーを示すものは違いますが、花粉症の場合はおおむねスギやヒノキ、ブタクサなどの花粉に対して反応する方が多く見られます。ホコリやダニ、カビなどのハウスダストと呼ばれるものや、犬や猫の動物の毛に対して反応する方も居ます。仕組みとしては、アレルゲンが免疫細胞である肥満細胞に作用し、肥満細胞からヒスタミンが大量に放出され、これが神経を刺激することで炎症を引き起こすという流れになります。

【アレルギー性結膜炎の症状】

アレルギー性結膜炎の症状としては、以下のような症状が挙げられます。
目が充血する
目がかゆい
目がゴロゴロする
目やにが出る
涙が大量に出る
まぶたの裏にぶつぶつができる
目の周りが赤く腫れる
全ての人にこのような症状が現れるわけではありませんが、特に「かゆみ」と「充血」はほぼ100%の方に見られる症状です。こういった症状が季節の移り変わる時期に複数見られる場合は、花粉症である可能性も高まります。


sponsored link



【アレルギー性結膜炎の治療】

基本的にアレルギー自体を治す方法は確立されていません。しかしアレルギー反応を抑える方法や、症状を抑える方法はあります。従ってアレルギー性結膜炎の治療法としては、対症療法が基本となります。具体的には抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)やステロイド薬などを使用します。
また、アレルゲンに触れないよう予防することも重要です。スギに対するアレルギーがある花粉症であれば、スギ花粉の飛沫する時期である2〜4月には外出時に目や鼻の露出を控えるようマスクをしたりメガネをかけるといった対策をすること、また衣服にも花粉が付着しているのでしっかりと払い落としたり、こまめな手洗いとうがいを心掛ける事などが予防に繋がります。「予防は最大の治療」という言葉がある通り、アレルギー性結膜炎は予防することが最も重要となります。


このページを見た方は次のページもよくご覧になっています。


⇒ ウイルス性結膜炎

⇒ 目の表面が痛い

⇒ 目が充血して痛い

⇒ 目がかゆい

⇒ 目がゴロゴロする




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
menoitami★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。