緑内障
ここでは目の痛みの原因となる病気、緑内障について詳しく説明していきます。

私達が物を見ているのは、眼球で受けた情報を視神経を通して脳へ伝達して認識しています。緑内障では、視神経に圧迫などの刺激を受けることで目から入った情報を脳へ正確に伝達できず、視覚障害を起こしてしまう病気です。40歳以上の中高年から次第に発症することが多く、加齢に伴う目の病気として代表的な存在でもあります。現在では適切な治療を施せば、失明することもほとんどなくなりましたが、依然として怖い病気であることは変わりありません。


sponsored link



【緑内障の原因】

緑内障の原因としては、慢性的に眼圧が上昇していくことが最も典型的な原因として挙げられます。ただし日本人の緑内障患者に多いのは、眼圧が正常値に関わらず緑内障になる正常眼圧緑内障というタイプで、季節や環境の変化によって一時的に眼圧の幅が著しく変動することが原因と考えられています。また、遺伝要素や細菌感染、自己免疫疾患など他の病気が関与している可能性も指摘されています。

【緑内障の症状】

緑内障の症状は、初期ではほとんど自覚症状がありません。というのも視野欠損や視野狭窄などの視覚障害が初期に起こっていても、片方の目が視野補完を行う為、自覚しにくいことが背景にあります。ほとんどが慢性的に進行していくため、気付いた時には深刻な状況になっていることもあります。
特徴的な症状としては以下の通りです。
・視野欠損(視野の一部が欠けて見える)
・視野狭窄(視野が狭くなる)
・視力低下
目がかすむ
目の奥が痛い
目の充血
頭痛
・吐き気
・めまい
・瞳が青っぽく見える


sponsored link



【緑内障の治療】

緑内障の治療法としては、薬物療法、レーザー治療、手術治療の3つの治療法があります。
薬物療法・・・緑内障点眼治療薬としてはプロスタグランジン関連薬、交感神経遮断薬、炭酸脱水酵素阻害薬、α2受容体作動薬の4種類があり、中でも眼圧低下の効果が良好なプロスタグランジン関連薬が第一選択薬として多く用いられます。
レーザー治療・・・薬物療法が効果が少ない場合に選択される治療法で、レーザー虹彩切開術とレーザー線維柱帯形成術の2つの種類があります。レーザー虹彩切開術では、レーザーで虹彩周辺部に小さな孔を開け、隅角が閉じないようにして房水の流れを変える方法です。レーザー線維柱帯形成術では、線維柱帯に照射して房水の排出を促進する方法です。
手術治療・・・最終的には手術治療を行うことになります。手術は主に線維柱帯切開術と線維柱帯切除術の2つがあります。線維柱帯切開術(トラベクロトミー)は、線維柱帯を切開し房水が排出されやすいようにする手術で、眼圧降下を目的とした治療法となります。線維柱帯切除術(トラベクレクトミー)は、線維柱帯を一部切除し房水を眼外に染み出すように細工をする手術で、別名房水濾過手術とも呼ばれています。


このページを見た方は次のページもよくご覧になっています。


⇒ 目の奥が痛い

⇒ 目の周辺が痛い

⇒ 目が充血して痛い

⇒ 目がかすむ

⇒ 頭痛がする




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
menoitami★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。