目の表面が痛い
ここでは目の表面が痛い時に考えられる原因について、詳しく説明していきます。

目の表面が痛い場合に考えられるのは、眼球の前面を構成している部位に異常がある場合に起こります。眼球の前面はいわゆる黒目の部分である角膜、白目の部分である結膜という薄い膜で覆われていることから、主にこれらの部位に異常が起こることで痛みを感じることが多く見られます。具体的にはどのような病気が挙げられるのでしょうか?


sponsored link



【角膜の異常】

角膜炎・・・角膜に炎症が起こっている状態です。角膜炎を起こす原因は様々で、コンタクトレンズなど異物によって傷が付いて起こる外傷性のものや、ウイルスや細菌に感染して起こる感染性のもの、他の病気から派生して起こるものや原因が分からない原因不明のものもあります。
角膜びらん・角膜潰瘍・・・角膜びらんとは、角膜の表面上皮が一部はがれてしまった状態を言います。また角膜潰瘍とは、角膜びらんよりも程度が重く表面上皮だけでなく角膜実質にまで障害が及んでいる状態です。
細菌性角膜感染症・・・角膜炎の中でも細菌感染によって起こるもので、強い炎症を起こすのが特徴です。コンタクトレンズが原因になっている事が多く見られます。
角膜真菌症・・・角膜に真菌、つまりカビが感染した状態です。ステロイド薬を常用しているとかかりやすいと言われています。頻度は低いものの発症すると治りにくいのが特徴です。
角膜ヘルペス・・・単純ヘルペスウイルスの感染によるものです。元々ヘルペスウイルスは普段から潜在的に感染している人がほとんどで、体調不良など免疫力が低下した時に発症します。

【結膜の異常】

アレルギー性結膜炎・・・アレルギー反応によって結膜に炎症を起こすのがアレルギー性結膜炎です。代表的なものが花粉症で、他にもカビやダニ、ペットの毛などハウスダストなどが原因となります。
ウイルス性結膜炎・・・ウイルス感染によって結膜に炎症を起こした状態です。原因ウイルスは様々で、アデノウイルスやエンテロウイルス、コクサッキーウイルスやヘルペスウイルスなどが挙げられ、いわゆる「はやり目(流行性角結膜炎)」や「プール熱(咽頭結膜熱)」などが代表的です。
クラミジア結膜炎・・・性感染症としてよく知られるクラミジアという細菌に感染して起こるものです。封入体結膜炎とも呼ばれます。性行為による感染に加え、新生児が産道を通る際に感染する母子感染も見られます。
淋菌性結膜炎・・・淋菌に感染して起こる結膜炎です。クリーム状の濃い目やにが出るのも特徴的です。クラミジアと同様に性感染症として有名で、性行為や産道感染によって発症します。


sponsored link



【その他の異常】

逆まつ毛・・・まつ毛は本来目の外側に向かって反る形で生えますが、まぶたの縁が眼球側へ向く「眼瞼内反」や、まつ毛自体が眼球に向かって生えてしまう「睫毛乱生」によって、まつ毛が眼球を傷つけてしまうものを逆まつ毛と呼びます。
ドライアイ・・・涙の分泌異常によって目が乾いてしまうのがドライアイです。コンタクトレンズによるものやパソコンやスマホなども原因として挙げられ、日本人の5人に1人がドライアイの症状を持っていると言われるほど身近な疾患です。


このページを見た方は次のページもよくご覧になっています。


⇒ 目が充血して痛い

⇒ 目がかゆい

⇒ 目がゴロゴロする

⇒ 目やにが出る

⇒ 涙が止まらない




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
menoitami★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。