目が充血して痛い
ここでは目が充血して痛い時に考えられる原因について、詳しく説明していきます。

目の充血は一目でそれと分かる場合もあれば、よく見ないと分からない場合もあります。白目の部分の充血は目が赤くなったようで見た目にもすぐに分かりますが、黒目の周辺の充血やまぶたの裏側の充血などは分かりにくいこともあるでしょう。また、充血している場所やその状態などによって考えられる病気も変わってきます。


sponsored link



【白目の充血】

眼精疲労・・・目を酷使し続けることで慢性的な目の症状だけでなく、肩こりなど体全体に不調を来たす状態を眼精疲労と呼びます。疲れによって目に栄養が不足することで、目の毛細血管に血液が集中し充血を起こします。
アレルギー性結膜炎・・・花粉などアレルゲンに触れることでアレルギー反応を起こして炎症を起こすことがあります。結膜は薄い膜であることに加え、目を開けている間は外部からの刺激を最も受けやすいことから最も反応が出やすい場所です。
ウイルス性角膜炎・・・ウイルス感染によって起こる結膜炎で、原因ウイルスは様々です。「はやり目(流行性角結膜炎)」や「プール熱(咽頭結膜熱)」もウイルス性結膜炎の一種です。
クラミジア結膜炎・・・クラミジアという細菌に感染することで起こる結膜炎で、性行為による感染や新生児が母親の産道を通る際に感染する産道感染が主な感染経路となります。
淋菌性結膜炎・・・淋菌という細菌に感染して起こる結膜炎で、クラミジアと同様に性行為感染や産道感染によって発症します。
結膜下出血・・・結膜下を通る血管が破れて出血を起こした状態です。基本的に放っておいても血は周りの組織に吸収されるので問題はありません。また、外傷によるものを除いて痛みがあることは稀です。高血圧の方によく見られます。
強膜炎・上強膜炎・・・角膜と共に眼球を覆う厚い膜である強膜に炎症を起こした状態で、強い充血を伴うことが多いです。上強膜炎は強膜の表面のみに炎症が起こった状態で、程度は強膜炎の方が重いです。
ぶどう膜炎・・・ぶどう膜とは虹彩、毛様体、脈絡膜の3つの総称で、これらに炎症を起こした状態です。サルコイドーシスや原田病、ベーチェット病などの全身疾患の症状として現れることが多いです。
緑内障・・・緑内障の症状は通常ゆっくりと進行するものですが、急性の場合は眼圧が急激に上昇して強い眼痛や頭痛、吐き気などを起こすこともあります。その際は充血も強く現れます。
ドライアイ・・・涙の分泌量が減ったり涙の質が低下することで目の潤いが不足し眼球が乾燥しやすくなった状態です。生活環境によるものが大半ですが、他の病気によるものもあります。


sponsored link



【黒目に近い部分の充血】

角膜炎・・・角膜炎は角膜に炎症が起こった状態で、角膜は黒目の部分を覆う膜である為、角膜炎を起こすと黒目の周辺に充血が見られます。
角膜びらん・角膜潰瘍・・・角膜びらんは障害が角膜の表面上皮で留まった状態で、黒目付近に充血が見られます。角膜潰瘍は障害が角膜実質にまで及んだ状態で、黒目に強い充血が見られます。
角膜ヘルペス・・・ヘルペスウイルスが角膜に感染した状態です。健康な人でも大半が神経節に潜在していて、普段は免疫力が抑えていますが体調不良時など免疫力が低下した際に発症します。


このページを見た方は次のページもよくご覧になっています。


⇒ 目の表面が痛い

⇒ 目の奥が痛い

⇒ 目が乾燥して痛い

⇒ 目がかゆい

⇒ 目やにが出る




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
menoitami★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。