目がかすむ
ここでは目がかすんで痛い時に考えられる原因について、詳しく説明していきます。

目がかすむ、また視界がぼやけるなど一時的に視力が低下する症状を訴える場合には、眼球内でカメラで言う所のピント調節がうまく機能していないことが考えられます。その原因は様々で、疲れ目や眼精疲労目が乾燥することやコンタクトレンズによるもの、白内障や緑内障など色々な原因が考えられます。詳しく見ていきましょう。


sponsored link



眼精疲労・・・眼精疲労は目を酷使することによって目の症状だけでなく肩や腰など、体の他の部分にも支障を来たすほど症状が強く現れるものです。目がかすむのは目の周辺の筋肉が疲労によって機能低下を及ぼす為で、一時的に視力が落ちることで症状が現れますが、次第に慢性的に視力低下を招くこともあります。

ドライアイ・・・目が乾燥するドライアイでは、眼球に潤いがなくなることで目がかすむ症状が現れます。潤いがなくなると眼球が濁り、サランラップにシワを寄せた状態で向こう側が見えにくいのと同じように、視界がぼやけるような目のかすみを覚えます。

コンタクトレンズ・・・コンタクトレンズを長時間着用や洗浄不足によって目に負担をかけることで、充血や目の痛みなどを起こします。目が疲れることにより、目がかすむこともよく見られます。

白内障・・・白内障とは、眼球内の水晶体が白く混濁する病気です。水晶体はカメラで言う所のレンズの役割を持っていて、これが白く濁ると視界も霧がかかったように白くぼやけてしまいます。基本的に加齢に伴う老化によって起こるもので、代表的な症状として目のかすみが挙げられます。

緑内障・・・緑内障は視神経が圧迫などの刺激を受けて視覚障害を起こす病気です。視野欠損や視野狭窄、視力の低下など視覚障害が主な症状で、眼圧が高まって目の痛みを訴える方も居ます。発症初期では自覚症状が乏しく、さらには片方に症状が現れても、もう片方の目で機能を補うので、初期段階で病気に気付くことは非常に難しい病気です。何かしらの症状を訴える頃にはかなり進行していることも少なくありません。諸症状の中でも目のかすみは比較的初期段階で現れることもあるので注意が必要となります。

ぶどう膜炎・・・ぶどう膜とは虹彩、毛様体、脈絡膜の3つの総称で、これらに炎症を起こした状態です。サルコイドーシスや原田病、ベーチェット病などの全身疾患の症状として現れることが多いです。


sponsored link



老眼・・・加齢に伴って目のピント調節機能が低下するのが老眼です。近くのものを見る時は目は自然と力が入ってピントを合わせていますが、加齢によって周辺の筋肉が衰えると、ピントを合わせることが難しくなっていき、ぼやけて見えるようになってしまいます。これが老眼による目のかすみです。また40歳を過ぎる頃から老眼リスクは高まってきます。


このページを見た方は次のページもよくご覧になっています。


⇒ 目がゴロゴロする

⇒ 目が充血して痛い

⇒ 目が乾燥して痛い

⇒ 目やにが出る

⇒ 目がかゆい




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
menoitami★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。