目の周辺が痛い
ここでは目の周辺が痛い時に考えられる原因について、詳しく説明していきます。

目の周辺が痛い場合には目の病気はもちろんですが、まぶたの筋肉や神経に関する病気、鼻に関係する病気などが原因となっていることがあります。具体的にはどのような病気が挙げられるのでしょうか?


sponsored link



【目の病気】

眼精疲労・・・目の酷使によって起こる眼精疲労は、眼疲労や疲れ目とは違って、目以外にも症状をきたしている状態です。目の周辺、首や肩、背筋や腰など体の至る所に痛みや違和感といった不調を感じてしまいます。
緑内障・・・緑内障の多くが眼圧が上昇し眼球が硬くなります。特に急激に眼圧が上がると眼球だけでなく目の周辺や頭痛、めまいや吐き気などを起こすこともあります。

涙嚢炎・・・分泌された涙を鼻の奥へと送る役割を持つ袋状の器官である涙嚢に、炎症を起こした状態を涙嚢炎と呼びます。急性に発症した場合の急性涙嚢炎では、目頭から鼻の付け根周辺が大きく腫れて痛みを伴うこともあります。

【まぶたの異常】

眼瞼痙攣・・・眼瞼痙攣とは両まぶたの筋肉が収縮してけいれんを起こしてしまう病気です。無意識にまぶたがピクピクと動いてしまい、進行すると痛みや視覚障害を起こすこともあります。片側のまぶたがけいれんするものは顔面ミオキミアと呼ばれ、この場合は多くが一過性のもので問題ありません。
眼瞼炎・・・眼瞼炎はまぶたに炎症が起こった状態で、まつ毛の生え際に起こる眼瞼縁炎とまぶたの皮膚に起こる眼瞼皮膚炎があります。
麦粒腫・・・一般に「ものもらい」として知られ、まぶたの一部が赤く腫れる病気です。まぶたにあるマイボーム腺に感染を起こした内麦粒腫と、まつ毛の根元に感染を起こした外麦粒腫に分けられます。
霰粒腫・・・こちらも「ものもらい」と呼ばれ、まぶたの一部に白いできものができる病気です。まぶたにあるマイボーム腺に油分が詰まって硬いしこりを形成してしまうものです。稀に感染を起こすと強い痛みが生じます。


sponsored link



【その他の病気】

副鼻腔炎・・・一般に「蓄膿症」で知られる、鼻の奥で膿が詰まった状態です。副鼻腔は目と鼻の周辺内部に広がっている空洞で、ここに膿が溜まって周囲を圧迫することで痛みが生じます。程度が重い場合は強い頭痛と顔面痛に悩まされます。
群発頭痛・・・群発とは一時的に集中して起こることを意味し、一定期間頻発する頭痛を群発頭痛と呼びます。症状は発作的に決まった片側にのみ発生し、程度は人によって様々ですが、場合によっては目をえぐられるような強い痛みを訴える方も少なくありません。
トローザハント症候群・・・眼窩(目のくぼみ)の後ろ側に炎症が起こり、周辺の神経を刺激することで目の奥や周辺に食い込むような痛みが生じる病気です。有痛性眼筋麻痺とも呼ばれます。
大後頭三叉神経症候群・・・後頭部から頭頂や前頭部へと伸びる大後頭神経と三叉神経は繋がっている為、目の周辺や目の奥から後頭部にかけて痛みがあるのが特徴です。耳の後ろ辺りが痛むこともあります。


このページを見た方は次のページもよくご覧になっています。


⇒ 目が充血して痛い

⇒ 目がゴロゴロする

⇒ 目やにが出る

⇒ 頭痛がする

⇒ 鼻づまりがある




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
menoitami★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。